FC2ブログ

マカロンの日記~大学院編~

海外留学で日本語教育に興味を持った、日本語教師のブログ。

裏切られたわけではないけれど

2018-03-28-Wed-21:41
この前、前の勤務先の理事長に会いました。

ちらっと、「そういえば、最初私を雇う時、結構賭けみたいな感じでしたよね。本当にこの学生大丈夫?みたいな」
と言ったら、

その時その場にいた他の人(たまたま一緒にいた)が、

「実はそれには裏話があって、面接の後『ちょっと厳しくしすぎちゃったかも』って言ってましたよ」

理事長「そうそう。面接しなくても、もともと雇うつもりで…」

えっ……?
まぁ、確かにそう言われればそう()だし、雇いたいと言っていてくれたのはありがたいが、

私が5年以上信じていたストーリーが見事に崩れました。

私のストーリー
・面接で、私の印象最悪
・でも、その後理事長が学長(私が通ってた大学の)に会って、「ああ、マカロンさん?いい学生ですよ」と推薦してもらう
・もう一度私のところに戻ってきて、「学長が『いい学生』って言ってたから、まぁ、雇いますよ」って、理事長がいう
・推薦してくれた学長は、2年生の時に授業を受けていた先生
=どんな授業でも、しっかり受けて先生と仲良くなっておくと、何がどう転ぶかわからないよ






えっ…?

もともと雇うつもりだったら、この話、成り立たないじゃん…

この話は結構色々なところで使っていて、一つのストーリーとしてまとまって使えているのだが、

私の思い違いだったようです。

私、こういうことですぐ落ち込むのだが、これは結構なアイデンティティクライシスですね…

モンゴルに行くのも、人で選ばれたわけではないと。なるほど(泣)

あ、もうちょっとしたら立ち直ると思います。

理事長には「(悪い学生だと思われていなくて)よかったでしょ」と言われたけど、

ぜんぜんよくない。むしろ秘密にしておいてほしかったぐらいだ。

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1825-03d6e3d1

HOME