マカロンの日記~とりあえず無職編~

海外留学で日本語教育に興味を持った、日本語教師のブログ。

留学生、ワーホリ必見!?持ち物について 第二弾

2005-09-03-Sat-13:23
nzさんワーホリ中の持ち物についてという記事から。
ワーホリって何?ってひとは、こっちの記事から。
(nzさん、ありがとうございます)
今回は本題の留学、ワーホリ中のもちものについて。
旅行中のものとかぶっている場合がありますがご了承を(だって大変なんだもん)

情報はすべてオーストラリアのもの。あとは私の独断と偏見。
何かえらそうに語ってみる。あくまで参考にしてください。他のサイトも参考にしてください。
あくまで私の経験と独断と偏見に頼っていますので。
留学、ワーホリ編

カッコ内の青色の文字はnzさんの理由、コメントです。こちらも参考に。

●洋服(なるべくオールシーズン着られるものをセレクト。上着脱いだら夏OKって感じの。現地でイチイチ買っていたら、お金かかるし、持って帰れないから、なるべく持っていく。多少現地でも買うけど)
洋服は、行くところによって。ケアンズだったら、真冬のコートは要らないし、もしメルボルンあたりだったら、冬は冬用ジャンパーが必要。

色落ちせず、丈夫で着心地のよいものがベスト。洗剤が多少強い(濃い?)ので、洗ってもくたびれないもの。Tシャツなどで、英語で何か書いてあるものは避けたほうが○。何が書いてあるか分かってしまうので。あの外国で日本語が書いてあるTシャツをきてる感じ。

あとジーンズ、スカートも忘れずに。ジーパンは2枚ぐらいあると便利。ジャージもあると何かと使える。

現地で何かかうときには必ず試着を。

●下着(今あるのに、現地で買うのもったいないし、サイズが合わないと思う。)
一週間分あれば大丈夫だと。出来れば新しいもののほうがいいと思うが、そんなことしてるとお金かかりすぎてしまう…こっちも洗ってもくたびれないもの。

こっちのサイズは大きいサイズが充実している分、小さいサイズも結構あったりする。でも、日本のほうが選びやすいし、分かりやすい。こっちも買うときには必ず試着。

●靴下(現地のものは安くなく、質が良くないらしい)
確かに日本のほうが安いのは確か。厚くなくて、丈夫なものがベスト。スーツケースのスキマにつめられるので、クッション代わりとしても。

●水着(マリンスポーツを楽しむ予定)
もし海の近くに行くなら絶対。あと家にプールがあったりする(!)こともあるので、ぜひ持って行くこと。

●薬(風邪薬・胃薬・胃腸薬・痛み止め・かゆみ止め・バンドエイド・虫除け)
もしホームスティだったら、必ず常備薬があるので、それに頼るのもテだが、やっぱりそこまで…と思うだろうし、日本の薬のほうが安心。(説明とか日本語で書いてあるから)オロナイン系統はオーストラリアにはないし、(あるかもしれないけど見たことない)オロナインだったら火傷から擦り傷、にきびまでつけられるので、使い勝手がいいと。環境が変わると怪我しやすいので。オーストラリアの場合は、医薬品も検疫を通る必要があります。

●サプリメント(ビタミンなど)
これは要るかどうか…もともと取っているのなら欲しいところ。でもかさばるし、重そう。果物や野菜で取る手もあり。食生活が変わって、取れる栄養素は少なくなると思います。現地でも買うことはできますが、何が何だかさっぱり…。ちなみに私は何もとっていませんが。

●耳かき・爪切り・綿棒
爪きりは手荷物に入れると没収されるので注意。使い慣れたものを。

●生理用品(質があまり良くないと聞いたので、オヤスミ用だけ。重量に影響ないし)
オーストラリアの生理用品は思ったほど悪くないので、買っても大丈夫かと。オヤスミ用とか、長時間用は頼れる日本のを持っていくと良いかもしれません。これもスーツケースのクッションがわりになるし。生理痛がひどい人は、痛み止めも。(薬の欄参照)

●サングラス・メガネ・コンタクトレンズ
めがね、コンタクトは自分のものが必要。コンタクトの洗浄液(私はソフトコンタクトを使っていて、洗浄剤はReNu)はオーストラリアでも買えます。とりあえず一本あれば洗浄液は大丈夫だと。送ると重いし。

●ボールペン・シャーペンなど筆記用具(ペンは沢山持っていったほうがいいと誰かが書いていたので)
といっても、シャーペン、シャー芯(コレ結構重要)、ボールペン(サイン等で必要)色つきペン数本、ラインマーカー数本、鉛筆さえあれば十分。いざとなったらスーパー等で買えるので、あまり持っていかないこと。
あと、筆ペンは重宝するかと。百円ので十分です。もし自分のはんこ(実印じゃなくて、お土産で売っているようなやつ)があったら持っていってもいいかも。ノートは現地で買えるので、とりあえず1~2冊。

かわいいメモ帳にメールアドレスをかいてあげてもいいと思います。もちろんこれは一冊で十分(もって来すぎた人がここに。。。)思ったほど使いません。絵を描きたい人は色鉛筆も。もちろん軽いのにしましょう。

●折りたたみ傘・日傘(日傘はあまり聞かないけど、焼けるの怖いから、誰もさしてなくても使う!軽いし)
折りたたみ傘は必要。傘ってあんまり売ってないし。日傘兼用がいいかもしれません。でも日傘さしてる人みたことないです。傘もめったな事がない限り(基本が車行動なので)差しません。ヘンだねぇ。日傘をさすなら日焼け止めです!

●目覚まし時計(かなり起きられない人なので、デカイものを持っていく)デジタルのが小さく軽くて便利かと。あと腕時計も必需品。ただし、アラームがあまりうるさいと、隣の部屋で寝てる人(例:私の目覚ましの電子音、隣の部屋で寝ているホストシスターまできこえているらしい。しかも結構うるさいらしい)から苦情がきたりするかもしれない(いや、そんなことはないだろうが)。 もしホームスティだったら起こしてもらうというテもありだが…

●帽子
紫外線の強いオーストラリアで帽子は必需品。サングラスも。サンバイザー(だっけ?)はやめたほうが…。(個人的に、あれは頭のてっぺんが焼けると思う)

●靴(スニーカーを履いて行って、1足だけ別のを持っていく。)
スニーカーは2足必要。雨でぬれたり、汚れたりするので。あとはサンダルがあると便利。

●電子辞書(当然居る)
これがないと困ります。泣きたくなります。英和、和英、英英(英語力をつけるためにこれで練習。あると便利)、広辞苑(日本語わからなくなります)さえ入っていれば大丈夫。単語は調べたらノートに書くこと。コレを見直せば、ボキャブラリー対策になります。(ってESLの先生が言ってた)

●デジカメ(あ、これも買っちゃった。持ってたけど、新しいのが欲しくてつい・・・電化製品はやっぱ日本製!)
思い出作りにぜひ。何かあったらカメラ。とりあえず撮る。何でも撮る。充電を忘れずに。一回充電がやばくて困ったことがありました。あと予備のメモリーカードもあったほうが○。

●化粧品(私は肌が強いので、現地のものでも大丈夫だと思う。だから、1ヶ月もつかどうか程度の量。重くなるので)
こればっかりは使わないので分かりませんが、ロレアルパリスだかなんだか、メイベリンだかなんだか、結構日本でも聞いた事のある名前の化粧品があります。

●シャンプー・リンスなど旅行キッド>(着いて3~4日程度の量。さすがに着いてすぐに買う時間もないだろうし、買う場所も良く分からないから)
シャンプー・リンスはスーパーかケミスト(日本で言うドラッグストアだが、オーストラリアではそんなこといわない)で。種類がいっぱいあって悩みます、きっと。日本で有名なダヴ、ニベアもあります。



●歯ブラシ(現地のものは高くて質が良くないらしいので、何本かもっていく。幸い沢山貰っていたので、買わずに済んだ)
先輩に「歯ブラシと歯磨き粉は持って行きなさい」と言われ、とりあえずはブラシだけは持って来ました。思ったよりわるくはなさそうですが…

●パスポートのコピー(便利らしい。無くした時もコピーがあればスムーズに済むらしいし。エージェントには証明写真余っていたら、持って行った方がいいといわれた。)
これは絶対。もし何かあったときのために。あ、一緒にしておいたら意味がありませんからねー!!

●料理の本日本の料理食べたいと言われたら困るから。ある程度作れるけど、人様に食べさせる程の腕じゃないし。)
ネットさえあれば調べられるし、持って行くならおみやげとして、英語でかいてあるものがいいかも。ホストファミリーの住所が分かれば、送ってしまって、自分が着いたころに本も着いたら…どうですか?
あともし検疫を通る(か食べ物の持込OK)ならカレールーを持っていって、作ってあげるのも○。(我が家では両親が送ってくれたカレールーでたまにカレーを作ります。そのときは私もお手伝い。日本のカレーはおいしいと評判です。カレールーなら失敗する確立低いし。)

●おみやげ
(100円ショップにある扇子や、日本っぽいものが結構よろこばれるかと。もし、子供がいれば、達磨落としとか、おりがみと折り紙の本(もちろん100円でジューブン)とか。大人には風呂敷等でも。軽いし。あと坊主めくりは簡単でおもしろいので、重ささえクリアすれば、百人一首も。キティちゃんなどのキャラクターグッズも喜ばれます。キティちゃんが浴衣とかを着てるストラップとか。オーストラリアの場合、食べ物は×。


●ガイドブック(まだ英語のはちょっとね~)
私持ってない…。ワーホリだと観光に行く時間が取れそう。留学だと出かけるのにも一苦労だったり。あまり遠いところにはいけないし。確かに日本語のガイドブックのほうが使い勝手がいいと思います。全土に対応しているのが一冊あると便利かも。

●i-pod(折角買ったし)
いいなぁ、欲しいなぁ…

●O型変電気とACアダプタ(良く分からないけど、電気屋さんにこれがあれば大丈夫と言われた。充電が必要なデジカメとi-pod用)
O Type(1)

これは私が持ってきたもの。
私は、O型のコンセントの口差し替えのやつ(軽いし安い)
O type(2)

こちら

と、変圧器
Mouse

こっち
(パソコンは要らないけど、その他の電気機器には必要。高いし重い)が必要。カメラの充電等。オーストラリア、ニュージーランドだったら240Vのやつ。ちなみに現地では買えないので注意。(逆はあるけど)

●ポケットティッシュ・ハンカチ(ポケットティッシュは重量に影響なさそうなのでなるべく沢山持っていく)
ポケットティッシュはこっちでも買えます。でもスーツケースの隙間に入るので、入れられるものは入れていくことをお勧めします。

●バスタオル・タオル(本当はタオル沢山使う人なので、いっぱい持って行きたいけど、3枚ずつで我慢!一週間に1度程度しか洗濯が出来ないらしいから)
洗濯はそのホストファミリーによるので、なんとも。確かに、毎日洗濯はしていません。あとはホストファミリーから借りるとか。

●写真(ペットの写真とか。話題つくり)
自分の小さい頃、両親、いとこ、叔父さん叔母さん、友達、祖父母、ペット等々、話題づくりにはもってこい。私のアルバムには修学旅行の金閣寺の写真とか入ってます。浴衣の写真、七五三、成人式(結婚式?)の写真があったらぜひ持っていくこと。浴衣、着物の写真は喜ばれます。日本だーって。

●携帯電話(どうしても解約したくなかったから、ショウガナク国際ローミングに機種変して持って行く)
これは高い!と思います。Vodafoneなら機種変しなくても使えるかも知れません。友達がつかってたから。AUなら六ヶ月間契約を止めることができます。私は一年なので契約切りました。だって使わないのに毎月3千円以上も払うなんて…

●パソコン
携帯がわりに一台(笑)メールはもちろん、ネット、メモ、ワード、ゲーム(え?)にと大活躍。写真の保存も簡単。オーストラリアの携帯は携帯からパソコンにメールが送れないので、携帯からは日本にメールが送れません。日本から携帯を持っていくならこっちのほうが便利。あとUSBスティック
USB

これが私の。マテリアルで作ったブレスレット(もう忘れないぞ!)の残りをくっつけてみた。

を持っていくと便利。もしかしたら(もしかしたらですが)ネットカフェのパソコンは日本語に対応していないかもしれません。(多分日本語が見れない、書けない。)私が行ったケアンズのホテルのパソコンは日本語対応してなかったのでメールチェックができませんでした。

こんなところでしょうか?nzさん、どうでしょうか?

COMMENT



2005-09-03-Sat-15:17
マカロンさん、こんにちは。
丁寧なブログありがとうございます。
めちゃ参考になりました。
携帯はもう持っていっちゃうけど、パソコンは持っていこうかなぁ。
カレールーはいいアイディアですね~。
日本の料理は食べられない人が多いって言っていたから。
日傘はやっぱり変なんだ!変だとは思ってたけど。焼けるのいやだし、変覚悟だったんだけど、自信がなくなってきた・・・

外国の洗剤は強いんですね。
ちょっと荷物をみなおさなくちゃ。
小さい中性洗剤を持って行く予定です。
洋服には少しだけこだわりがあるので、譲れないから。勿論現地で洗剤は買うつもりなんだけど、中性洗剤とか最初わからなさそう・・・

USBメモリは外国でも売ってますよね?
ま、イザとなったら、デジカメのSDを使うか、i-podを代わりに使います。

ほんと参考になりました!
ありがとうございます。

コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/179-9e5d8cd3

ワーホリ中の持ち物について

以前、ワーホリで持って行く持ち物についてのブログを書いたところ、マカロンさんがコメント付きのブログを書いてくれました。http://macalon.blog9.fc2.com/blog-entry-179.htmlすごく参考に
HOME