マカロンの日記~とりあえず無職編~

海外留学で日本語教育に興味を持った、日本語教師のブログ。

あけましておめでとうございます(2回目)

2015-02-19-Thu-18:47
今日は、旧暦の一月一日です。

モンゴルも旧正月(ツァガーンサルといいます)を祝うので、学校はまさかの5連休。

昨日は理事長先生のお宅にお邪魔し、ボーズとバンシ(小龍包のようなものと、水餃子)をたらふくごちそうになりました。

しかし!

夜中にまさかの高熱(測ってないけど、絶対38度あった)。

もともと体調は良くなかったのだけど、夜遅くに外出したのがたたったらしい。

完全なる寝正月です(元気でも寝正月は変わらなかったと思うけど)

今朝も体調は良くなかったけど、お昼を無理矢理食べて、野村監督の本を読んでいたら元気になってきました。

本、12冊借りたんだけど、もう半分を過ぎました。あ、最後の2冊が小説の文庫本だから重いんだけど。

全然お正月気分も何もないですが、みなさんにとって良い1年になるように、またお祈りする次第です。



さてさて、ここ1週間ぐらい、いろいろなことが起きています。

ひとのあいだとかいて「人間」ですが、人が寄って集まるといろいろなことがあると実感。

私の働き方や人生観ももう一度見直す機会になりました。(なっています、か。現在進行形。)

そんな気苦労もあっての風邪…でしょうか。

書きたいことはいろいろありますが、一番大切なのは、私は何をしたいのかということなんだと思います。

だから、この前どうしても理解できない仕事を断りました。校長がうろたえていました…ごめんなさい…

(そのかわり、できることは全力でするし、フォローもします。他の人からはやりすぎだと思われるかもしれないけど、きっとそれってお互い様)

月曜日に校長に呼び出され、いろいろ話をしていて、私の進退の話になったので、

「あ、私、今後何年かはこの学校に関わるつもりはありませんから」

と啖呵を切ったら、校長、若干慌てているようです。ちょっと言い過ぎちゃったかな?

なぜかというと、私には能力不足のところがたくさんあって、このまま働き続けるのはどちらにもプラスにならないと思うし、

だいいち、私がしたいことはここで働き続けていても実現できないと思ったからです。

いやいや、関わらないって言ったって、受験生の事とかでできる範囲のことはするつもりですが、

あくまで新しい仕事がベースですよっていうこと。

10数年後、私が知識と経験を積んで自信を持てるようになったら、何らかの形で、一番最初にお世話になった学校に貢献したいと思います。

逆境って辛いけど、絶対力になるって思ってるから。それを教えてくれた学校です。

私、先生なのに勉強してばっか。

昨日は卒業生を呼び出しました。よくよく考えれば、私が独り立ちして?(2年目で、受験担当が私に移ってから)一番最初に担当した卒業生。

私が会いたいからではなく(もちろん、日本留学してから1度も話せず、一時帰国してもまったくタイミングが合わず話せていなかった)校長命令です(笑)

受験の時には、私が土曜日も日曜日も、その卒業生の志望理由書を眺めながら唸っていて、その卒業生も学校に来たはいいけれど私の唸り具合にどうしたらいいかわからなくて、ルームメートが晩ごはん作ってくれて、息詰まりながら一緒に食べたのを覚えています。

そんなこともあり、よくなついてくれて、面接指導なんかもしました。無事合格が決まって(奨学金の件でご両親にご迷惑はおかけしていますが)、日本に行くまでも

お母さん以上に「宿題をしろ」と言っていたらしい(笑)

今、よくよく考えてみれば、そんな卒業生でした。

前モンゴルにいた時は英語でコミュニケーションを取っていたのですが、1年で日本語が飛躍的に伸び、2時間ほど日本語で話していました。(事務連絡も含め)

感動するとともに、ああ、成長したんだな、とちょっと悲しくなりました。

2年半でこんな学生と巡り合えるとは、すごい仕事だな、と思います。この卒業生だけじゃなく、顔を見るたびに「成長したなー」という実感をひしひしと感じることが多いです。普通の高校だったら3年でやっとひとめぐりでしょ?

もちろん、今の高校3年生は1年生の時から見ている生徒が多いけど、きっと、こうやって苦労した受験生ってお互いに成長したし、この状況って一生の宝だなって思います。贅沢な仕事だ。

モンゴルの現地通貨でお金もらってるから、全然儲からないけど、お金が儲かるより、こっちの方が100倍良いなって思ったりするわけです。(いや、お金ないと困るけどね)

でも、そのためには、全力でぶつからないとダメ。そう、1年半前を思い出す今日この頃です。

そして、早く風邪を治すことです(笑)風邪治んないと、全力だせないもんね!

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1678-60705f2a

HOME