マカロンの日記~とりあえず無職編~

海外留学で日本語教育に興味を持った、日本語教師のブログ。

テスト前なのに!

2014-10-25-Sat-22:41
テスト前なのに、とても忙しいです。

テスト作成、生徒の音読を聞く、暗唱を聞く

卒業生の対応などなど。

今からこんなんじゃ、これからどうなることやら…




その中でもいろいろおもしろいことはあるのですが、

今日、新しい校舎のほうの受付に、鍵を持って行ったら、

「名前は?どうして鍵を持ってきたの?」

と問い詰められてしまいました。

たまたま横にいたおじさんは、私のことを知っていたらしく、

「日本語の先生だ」

とフォローを入れてくれましたが、

全然先生だと思ってなかったらしい。

なんだと思ってたんだ。こんなにモンゴル語が下手な生徒いないだろう……

ちなみに、「ごめんね」って謝られた。

「(高校)3年1組の生徒です☆」になってしまう…
そうそう、年齢詐称事件といえば、(本人はまったく詐称している気はない)

この前某(日本の)N大学のレセプションに呼ばれた時に、学長さん(?)が来ていて、

声をおかけしたら、

学長さん:「日本語上手だねー」

私:「いや、日本人です」

学長さん:「え?」

他の先生:「先生です」

フォローを入れてくれましたが…何が悪かったんでしょう…

そのあとの食事会でコーラを飲んでいたら、

「だから生徒に間違えられるんだよー」と上司に言われました。うん、ごもっともだとおもいますが、

お酒、のめない…(正確に言えば飲めなくなってしまった)

ちょっとぐらいワインがたしなめるといいですよね。最近、ワインを出す店も増えてるし。




さてさて、母から誕生日プレゼントが届きました。

父からの誕生日プレゼント(靴)は来年に繰り越してもらい…(笑)

※私が今一番欲しい靴は12月のパーティーに履くためのピンヒールです。

母からのプレゼント

手紙

新聞の切り抜き(賢い・楽しい文房具の使い方)

シール(生徒用・おかしを送ると取られる可能性があるので)

CD(私の好きなグループでも何でもなく、母の好きなグループの)

あとは、頼んだものが少々。

上司の先生に「母がCD送ってきたんですよー母が好きなグループの」

と言ったら、

「ま、モンゴルでも母はそんなもんだよ」って。

シールは、生徒に「がんばったらあげる」と言って、

会話文を書くクラスで「良いアイディアの人にはシールをあげる」

と言ったら、

マンネリが解消…ミラクルヒット連発です。

100円のシールで、これだけ意欲が高まるとは、

不思議なものです。

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1660-ada3d301

HOME