マカロンの留学日記~モンゴル編~

アメリカナイズドされたオージーガールを目指した、キャリア教育寄り日本語教師のブログ。

新しい先生

2014-03-09-Sun-21:27
1週間、日本語祭りでした!

といっても、木曜日に来校した修学旅行生(日本人)の対応でバタバタ…

色々ありましたが楽しんでもらえたようです。

特に、校舎案内を生徒にさせたのがよかった。みんな無事時間内に紹介をし、戻ってきてくれました。

一人の生徒

「先生、(案内が書かれたカンペの)紙が欲しいと言ったのであげました」

そういう話を聞くと、なかなかよかったのではと。それから、生徒日本語で校舎案内ができると、お客さんが来たときに活躍できるという素晴らしいチャンス!

これから頼もう。 さて、そんななか、2週間だけ研修のために日本語の先生が来ました。

研修って言ったって、私より先輩。

私も色々勉強したいなーと思っています。

さらに、高校3年生の講習を受け持ってもらえることに。留学試験対策と初級文法叩き直しと2つのコースをお願いしました。

その話を生徒にしたら、

「先生、その先生はきれいな人ですか?」

「うん。きれいな人ですよ」

「じゃあ、先生、勉強します!」

「あれー、じゃあなんで私のクラスでは勉強しませんか?」

「先生はーかわいいーすぎる」

かわいすぎるってなんだ!?いつも寝てるじゃないか!

……きっと、高校生男子なんてこんなもんですよ…ね…?

新しい先生のもとで、日本語に奮起してもらえるといいのですが…

金曜日は日本語祭りの総括でステージ発表がありました。

またテレビ取材が入って、またインタビューされました…

今度は「創作漢字コンテスト」について熱く語りました。

そして、ステージ発表では、浴衣を着て歌いたいという生徒3名の着付けを…

一人は女子生徒で作り帯だし、水曜日にも1回着つけたから慣れたもの。

もう一人の女子生徒は丈が全く合わずおはしょりなしでぴったりだったのでそのまま着せました。

帯もきれいに結べました。きっといい帯だったんだな。

そして、問題は男子生徒くん。

まず、どこで腰ひもを結んだらいいかわからない。

帯の結び方はタブレットで調べて、それを見ながら15分ぐらい格闘しました。

線の細い生徒だから、また困る。

(ああ、女の子と違う!着つけにくい!)

これが、でっぷりした、いわゆる「モンゴル人!」みたいな生徒だったら着つけやすいんだろうな……

浴衣も心なしか大きかったようです。

私があーでもない、こーでもないと言っているのをマネキンのごとくおとなしく着つけられていました。

ま、それなりに形にして送り出しました。よかった。

そして、前日高校3年生の生徒に「先生ーショートムービーづくりに協力してくださいー」

と言われたもの、フルバージョン公開。

全く授業をしない生徒を本気で起こるマカロン先生役(笑)

本気で(?・顔は笑っていたらしい)怒ったら、会場がシンとしました……

高校3年生になるとああなるんだよ、みんな。

そのムービーもけっこうおもしろく、歌もクオリティ高く、日本に研修に行った生徒の報告もあり、盛りだくさんで満員御礼でした。

その後は、3月8日国際女性デーを前にして、男子生徒と男性の先生が(別々にだけど)祝ってくれました。

劇は相変わらずのクオリティの高さ。レベルの高さに毎回ながら驚かれます。

先生のほうでは、くじを引き当て(20/100だけどね)コンサートのチケットをGet

今日行ってきました。いわゆる歌謡ショーで、まぁまぁ楽しかったです。

その帰り、回転ずしに行ってきました。モンゴル初回転ずし

ちゃんとまわってました。ネタも、まぐろ、えび、いか、サーモン、光物以外はたいていあって、味もなかなかでした。

茶わん蒸しもおいしかったしね!(茶わん蒸し好き)

また行こうかなーカメラなくて写真撮り損ねたし。

(最近、USB壊すわPC調子悪いわ、SDカード壊れるわでデジタル系の運がないのです…)

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1626-670290ea

HOME