マカロンの留学日記~モンゴル編~

アメリカナイズドされたオージーガールを目指した、キャリア教育寄り日本語教師のブログ。

馬頭琴コンサート

2013-04-13-Sat-22:29
今日は、コンサートに行ってきました。

"Playing love III"という、映画音楽をモチーフにしたコンサート。

普通と違うのは、

馬頭琴をはじめとしたモンゴルの伝統楽器を取り入れたオーケストラの演奏ということ。

感想を言えば、すごくよかったです!

馬頭琴と大きい馬頭琴(要はチェロ)に琴、鉄琴、それと金管楽器、普通のチェロ、クラリネット、フルート、ティンパニーをはじめとした打楽器という構成。曲によっては金管が抜けたり、ドラムとベースが入ったり、けっこう流動的。

そして、各曲の前に、映画と音楽の紹介ダイジェスト映像が流れるのがなかなかよかったです。

照明も曲に合わせて色や動きが変わり、気合が入っていました。

*パイレーツオブカリビアン
金管が入っていて迫力があり、盛り上がりました。

*戦場のピアニスト
悲しい感じが馬頭琴にぴったり。和太鼓のソロもありました。

*SAYURI

*ジェームスボンド
テーマ曲とSkyfall。

アデルのSkyfallは、少女歌手がしっとり歌い上げ、大喝采。
最後にもう一度出てきたのだが、「帰っていい?」というジェスチャーに観客大爆笑。舞台慣れしていない感じがいいですね。

モンゴル映画
歌手が出て来たり、趣向を凝らした演出あり。
チェロをあえて馬頭琴っぽく弾かせたり、馬頭琴がバイオリンのような音を出すなどレベルの高さを見せつけられました。

モンゴルの時代劇
ホーミーを楽器のように使っていて面白かったです。

*ロシアのアニメ
しっとり系の曲が続いた後の、楽しい曲。隣で見ていた日本語科の先生は

「私たちが子供の頃はこのアニメしかなかったのよー」とうれしそうに聞いていました。

オオカミとうさぎ?が出てくるストーリーで、タッチとしてはトムとジェリーっぽいらしい。

約2時間、たっぷり楽しめました。

CDほしいなー

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1566-4bcfa9e7

HOME