マカロンの日記~とりあえず無職編~

海外留学で日本語教育に興味を持った、日本語教師のブログ。

衝撃の健康診断

2012-11-17-Sat-22:56
今日は、学校から「健康診断に行ってください」と言われたので行ってきました。

場所は、家から徒歩5分ぐらいのところにある、病院

のはず…

はずが…

見つからない!


40分ぐらい路頭をさまよう羽目に。

だってー見つからないー

モンゴル人の先生にいくら場所を聞いてもわからない。

外気温、マイナス10度。

諦めかけた時、化学の先生にばったり遭遇し、何とか病院に到着。

よく耐えたなぁ。

そして、その病院は、何度も前を通り過ぎたけど、

「いやぁ、これは名前が違うから違うだろう」と言っていた病院でした…

受け付けで紙をもらって診察開始。

項目は8種類。各自で病院内を巡って診察を受けるというスタンプラリー形式。

まずは、血液検査。

え?聞いてないよ?

異国で血を抜かれるのは結構心細い。

ことばも通じないしね。

英語や日本語が少しだけできる先生の助けを借りながら、何とかクリア。

出国前の予防接種&エイズ検査の採血で注射系には少し慣れました。

いまだに針は見ることができませんが…

針の抜き差しは手際がいいけど、絆創膏を貼るのにやたら手間取る看護師さんでした。

あんまりいたくなかったから、腕はよかったようです。

その次は、レントゲン?

レントゲン?らしきもの。

だって、

レントゲン室の扉があきっぱなしなんだもん。

大きな機械に立たされる。機械が動いて何かを撮るらしい。

全くよくわからない。

その後、技師さんにサインをもらう。

技師さんからは英語で質問が。

席をするかどうかという質問だったので、「たまに」と答えたら

「うーん、多分大丈夫大丈夫」と心もとない返事。

最後は「さよなら~」と日本語で挨拶をしてくれました。けっこうフレンドリーな男の人でした。

その後は「女性健診」子宮がんとかですね。

実は、初健診でして…何が起こるかよくわかっていなかったのでびっくり。

やさしい女医さんに、看護師さんも女性だったのでよかった。

言語も通じず、日本語が少しできる音楽の先生に助けてもらいました。

いやぁ、モンゴルで健診するとは思わなかったわー。

その後はよくわからない健診。

しかし、行列がすごくて全く進まない。

***

ちなみにだが、土曜日は病院は休みで、私が働いている学校と、もう一団体(会社?)の健康診断のために病院を開けてくださったようなのだが、なんせ人数が多いものでどの健診の前も大行列で、番号制でもないから抜かしたりぬかされたりを繰り返していました。全く進まない。

***

私は、学校で借りた本を熟読。持ってきて正解!

しかし、その本も終盤へさしかかる。

(待ち時間だけで2時間以上ということだ)

なんとか、健診までたどり着いた。

やさしそうな若い男のお医者さん。

私は開口一番「Do you speak English?」

と聞いた。そうじゃなかったら日本語の先生を呼ばなきゃいけないから。

「I will try」と言って、英語で診察してくれました。

喉やこめかみのあたりを触ったり、歯やのどの様子を見ていました。

何のためなのか不明。

最後に、「こんな日本語知ってるんだよ」と言われたのが、

軽く投げ飛ばしたくなるような言葉でした。

私に言う言葉じゃないだろう。思わず

「なんで知ってるんですか?意味わかってますよね?」と問いただしてしまった。

何ともおちゃめというか、失礼というか(笑)

その後、お腹のエコー診断。

ここが鬼門で、エコーで引っかかるとバリウム&胃カメラ行きなのです。

それは、絶対イヤ!

祈りながら、体育の女の先生と一緒に部屋へ。(ここでも20分ぐらい待っている)

お腹にジェルを塗られて、エコーをとられる。

くすぐったくてずーっと笑いっぱなしでした…変な患者。

何事もなく終わり、今度は問診へ。

その時、私の後にエコーを撮った英語の先生が、

「内臓のどっかが普通の人より大きいみたいだから、水をよく飲んだほうがいいそうよ」と

教えてくれました。

結論=よくわからないけど水分は多めにとるよう努力します。

問診も、言語が通じない(英語の先生が英訳してはくれるのだが)ので、

「なんかよくわかんないけど、相談したいこともないし大丈夫です!」と明るく答え

(しかも、片手に読み止しの本を持ったまま)

終了。何て適当な(先生も患者も)

最後は内科検診の様だったのだが、ものすごい混みよう。

「3時間ぐらいかかるわよ」と言われたので、英語の先生たちとご飯へ。

韓国料理のレストランで。チゲ鍋とプルコギをおいしくいただきました。

その後、戻っても長蛇の列は変わらず。

「2人は健康だから帰ってもいいんじゃない?」と言われ、諦めて帰宅しました。

8項目中、どんな検査かわかった項目=7項目

うけなければいけない項目=6項目

実際に受けた項目=5項目

上出来でしょう。

結果は?いつ来るかわかりません。来ても読めないからわかりません(笑)

日本語科の先生に訳してもらおう。

こんな本格的だとは思わなかったー




今晩は久しぶりの大停電でした。

多分3時間ぐらい。

スーパーへ買い物に行って、帰ってきたら一旦復旧。その後30分程度で復旧しました。

4時過ぎに韓国料理を食べておいてよかった。

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1473-e1b51e93

HOME