マカロンの日記~とりあえず無職編~

海外留学で日本語教育に興味を持った、日本語教師のブログ。

テスト前の静けさ

2012-10-30-Tue-20:54
来週で1学期が終わります。

今週はテスト

しかし、週のあたままでいつテストをするか決まっていない。

今日、やっとテストの時間割が出ました。

やりかたは、日本の学校と同じ。テストの時間割ができ、教科外の先生が試験監督として付きます。

私も試験監督をするらしい。1コマだけ。

授業も復習が多く、少し余裕はできました。

生徒もテスト前ということでいつもより集中して受けていて、

「なんだ、みんなやればできるじゃん!」と。

授業が終わると、中学3年生の暗唱を手伝って聞いています。

暗唱を聞くのは楽しい。

しかし! テスト期間中にとうとう日本語科のミーティングが開かれるようです。

議題「より効率の良い日本語の教え方。特に高校3年生」

カリキュラムや使う教科書をかえたいとのことで、ひと波乱ありそう。

教材や教科書を考えなければ。

余裕はあるとはいえ、考えること、やることはたくさんです。




今年度、高校を卒業して日本の大学を受験する学生の試験対策の授業もやっています。

11月11日が試験なので、それまであと2週間弱。

読解授業をやってます。これが新書などを引用した問題が多く、結構難しい。

私も間違えてます。25問中1問ぐらいだけど。

新書の引用が多いので、問題を解く以上に、はっとさせられる文章に出会うこともあります。

最近は、どちらかというとぐさっと刺さる文章が多いですが…

でも、それが読解の楽しいところ。英語でもそうだったなぁ。

何かのめぐりあわせですよね。必要とされているところに現れたというか。

きっと、この状況でこの問題をしなければ、この文章は私の上を通り過ぎていただろうなと。

試験は辛いけど、少しでもこういう「楽しさ」を見出してもらえたらなぁ。

それが、外国語が楽しくなる入り口なんじゃないかな。

そう思ってます。

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1458-39489a7c

HOME