マカロンの日記~とりあえず無職編~

海外留学で日本語教育に興味を持った、日本語教師のブログ。

また怒られる!

2012-10-23-Tue-22:57
今日、叫んだ一言です。




昨日の夜、ルームメートとちょっと込み入った話をしたので、

結局寝たのが12時すぎ。

今日は眠い体を引きずって、朝から印刷してました。

印刷室と化している秘書室で、印刷機が空くのを待ちながら

授業準備。

だってー、先生の部屋にいると、隣の先生のお子さんが

いじめてくるんだもん。仕事にならん。

授業見学をして、自分も授業をして、午後はひと段落。

かと思いきや、

ご飯を食べようと思ったら、隣のお子さんに

まとわりつかれる。

モンゴル語を教えられる。

抱きつかれる。

芳香剤のスプレーを吹きかけられる。

首を絞められる。

今日は、ハグしてきました。あまえんぼさんでした。

だんだん、やることがエスカレートしてるぞ。

お昼には「教科書を借りたい」(←貸出制)と生徒はやってくるし、

「先生、暗誦しに来ました」と間違えて生徒は来るし、

何か、自分の机にいると仕事が進みません。




3時半からは日本とSkypeをしました。

日本の大学の先生とゼミをやっちゃおう!という企画。

前任の先生から引き継いだのはいいものの、

いろんな人にご迷惑をかけながら、やっと第1回目の顔合わせにたどりつきました。

が、

だが、

しかし、

だったのだが、

①インターネットの調子が悪くSkypeが使えない

②使えたとしても電話がつながらない

③音声聞こえない

④本当はいるべきはずの生徒が1名いない

⑤本当ごめんなさい

というような3重苦どころの話ではない騒ぎに。

一応、お互いの顔は見ることができたのが今日の収穫です。

で、日本側の担当の方(大先輩。人生の大先輩)に後でつぶやかれた(tweet)一言。

「担当の先生(=マカロン)が『また怒られる!』と叫んでいた」

私、そんなこと言ったかなと思って、その後の読解の授業

生徒が読解を解いているのを見ながら胸に手を当てて考えてみたのだが、

コンピュータの先生に借りたスピーカーを

落としたときに発した一言だと思う。多分。

怒られる=コンピュータの先生に

という構図です。

今日の夜、その担当の方とお話したのだが、弁明し忘れたからここに書いておきます。

いや、怒られないか。コンピュータの先生は若い女の子が好きだから…

(↑一応、「若い女の子」に入るらしい。私は。)




今日は、それに加え携帯電話を直しに行ってきました。

もらいもののiPhoneを気まぐれにアップデートしたら、

使えなくなったっていう。自業自得の騒ぎを起こしたので、

生徒についてきてもらいました。

そうしたら、

お店が停電で仕事にならないってさ。

iPhoneは直せるかわからないけど、

私がアメリカで使っていた携帯は使えるようにできるとのことだったので、

とりあえず、もう一度(停電していない時に)行って

直してもらうことにします。

iPhoneは、

電話としてではなくLine用として使えればいいです。

そのLineがうまく作動しなかったのが今回の騒ぎの始まりなんですけどね…




でも、今日、ちょっと肩の荷が下りた気がします。

仕事はたくさんあるんだけど、もっと楽にできるかもしれないと思った。

思った……だけ(笑)

明日も授業です!8年生動物園がんばります!

COMMENT



2012-10-24-Wed-20:36
私も、「意識しないうちに言ったかもしれない」とドキドキしてしまいました。
宝箱、素敵ですね。こちらこそよろしくお願いします!

2012-10-24-Wed-10:38
お疲れ様でした。そう言うわけだったんですね。失礼しました。ごめんなさい。
模擬ゼミが今後、皆さんにとっての大切な宝箱になればと思います。
真珠やルビーやGoldの宝箱になって、箱を開ける度に笑顔になれるような。
さ、皆さんで頑張って行きましょう。有難う。

コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1452-6e74a857

HOME