マカロンの留学日記~モンゴル編~

アメリカナイズドされたオージーガールを目指した、キャリア教育寄り日本語教師のブログ。

先生、聞きたいことがあります。

2012-10-10-Wed-21:36
今日は、高校3年生の授業が中心。

授業中に音読課題を出したら、授業終了後も生徒が私のところに来ました。

まさかの行列。

なので、少し教室に残って音読を聞いていました。

すると、別のグループで授業を受けていた男子生徒が、

「I have a question」と、ずっと待っていました。

一通り音読をしたい生徒が去り、

「どうしたの?」

と聞くと、

周りの力を借りながら(あんまり日本語上手じゃないから)質問をしてきました。


今日から、ひとつのクラスでグループ分けが変わり、

もともと私のクラスだったその男子生徒は別の先生のクラスに移動となりました。

「先生、先生が僕におしえるのはどの授業ですか?」

「うーん、読解と…理系日本語は今日移動したでしょ、会話は別のクラスだから…読解だけです!」

「そうですか…」

とっても悲しそうでした。

確かに、よく質問とかしてくれてたけど、

そんなにがっかりされるとは(汗)

いいじゃないか、読解の授業がひとつあるんだから!

(ちなみに、生徒によっては週4時間私の授業がある)

聞きに来るのもおもしろいが、答えを聞いて

そんなにがっかりするとは、

もう、なんだか、ほほえましいです。

がんばれ、先生は(授業は一クラスしかないけど)応援してるぞ。




ここ数日、停電に悩まされています。

月曜日は午後7時過ぎから停電し、9時ごろまで復旧しなかったので

寝ました。

もう、一ブロック真っ暗だったので、復旧の見込みがないと思って。

幸い、ご飯を作った矢先の停電だったので

あったかいご飯が食べられました。

昨日は、6時からの授業中、

何度か電気がちかちかして、停電しそうでした。怖い怖い。




今日は、中学2年生の授業で、ひとつのクラスが

40分×2でした。(先週のふりかえ)

80分、コミュニケーションが取れないネイティブとの授業、

よくがんばりました。みんなすばらしい。

おしゃべりやおふざけが止まらない時もありますが、

聴く姿勢ができてきたし、お互い注意もできます。

最後に、がんばったご褒美?としておりがみのデモンストレーションをしたら盛り上がりました。

まぁ、がんばっていることと日本語が身につくこととは別ですが…




そういえば、今日のある授業、

教頭先生が見に来ました。見に来るのはよくあること、緊張しながら授業を始めました。

すると、男の人がやってきました。

生徒の通訳で、「ちょっと話したいことがある」とのことだったので

そんなに時間はかからないだろうと(断れないし)教室に入ってもらいました。

小さな紙を持って説明し始めたおとこのひと。

まったく説明が終わりません。

どうしよう…どうしよう…

と思ったら、

教頭先生が追い出してくれました。

その男の人を連れて出て行ったので、外で

お説教されていたと思います…多分…

(教頭先生は女性)

いやぁ、教頭先生がいなかったらどうなっていたんでしょう?

今度から、毅然とした態度で

だめ!

と(日本語で)言います。授業時間取られたくない。

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1440-4f3eb930

HOME