マカロンの留学日記~モンゴル編~

アメリカナイズドされたオージーガールを目指した、キャリア教育寄り日本語教師のブログ。

すごい偶然…

2012-01-09-Mon-22:40
昨日の夜、腰との痛さにギブアップし、

湯たんぽを抱えて寝ました。

どちらかというと、暑かった。

おかげで(!?)腰の調子はよくなりました。

はもうひといき。

どうも、背骨がよくないようです。

気を付けなきゃ。




今日、夕飯を食べていたら、

ぴんぽーん

突然の来客。

母マカロン「はーい」

「あの、わたくし、」…

なんだか怪しげな日本語

(↑怪しげ=発音はネイティブに及ばないが、文法はバッチシ)

どうしたんだろう、話し込んでる…と思っていたら、

「マカロンちゃーん」

と呼ばれました。

反応してボーっと玄関へ。

そこには、人のよさそうな男性が。

どう見ても日本人じゃない。

母「マカロンちゃんが留学してたアメリカの大学で働いてたんだって!」

マカロン「へぇ。そうですか。えーっと…Hi...?」

日本語にすべきか英語にすべきか悩み、結局英語で話し始める。

どうも、私が大学1年生の時に留学していた某デラウェア大学の語学学校で働いてたらしい。

今はうちの近所に住んでるんだと。

郵便局が間違えて大学から来た手紙をその人の家に配達しちゃったらしく、

Google Mapsで調べて(手紙に住所がのってるからね。)来てくれたのだ。

(差出人を見ただけで配達しちゃったのか、郵便局!?普通は受取人を見て配達するよね?)

いやぁ、びっくり!

今は、近くで英語を教えているそうです。

「今何しているんですか」

と聞かれ、

大学4年生です」

と言ったら、

「若いねぇ~こんなこと言ったら悪いけど、若く見えるよね~」

……

確かに。

若く見える理由

1)すっぴんメガネ

2)パジャマ

3)髪を洗った後だったので、髪の毛をバスタオルで包んでいる

(スイミング帰りでタオル製の帽子をかぶっている女の子のイメージ)

=デコ丸出し。

しかも、今のパジャマはあったかいからって

オレンジだ(汗)

これじゃあ、何歳かわからないよな…

しまった、もう少し考えてから出るべきだった…

と思っていたら、物好きな(そうだっけ?)母も

「いや、私も…」

と、(日本語で)話しはじめる…

ワタシ、モウカエリタイ…(どこに?)

日本語ネイティブじゃない人には、その表現はわかりにくいでしょーと

別の意味でもドキドキ。

(↑もう板についた職業病。)

にしても、こんな格好で会ってしまって、

次会ったらどうしよう…

気付いてもらえないかもー(そっちの心配?)

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1362-5a93a3e7

HOME