マカロンの留学日記~モンゴル編~

アメリカナイズドされたオージーガールを目指した、キャリア教育寄り日本語教師のブログ。

スーツで大学にいくから

2011-12-05-Mon-21:36
周りに就活生っぽく思われているマカロンです。

いや、現にそうなんだけど。

今日もパンツスーツでおでかけ。

翻訳の授業お休み。あーあ。

小さな商社で、即面接(私の留学経験とか、単位数とか、いかにヘンかとか全く知らないで面接。)

だいじょうぶなのかー。

小さな商社なので、社長さんが直接面接してくださいました。

私服でもOKと言われながら、スーツ。

気分が違うでしょ、スーツで行くと。

質問は当たり障りないが、

結構厳しい。

今週中に体験入社?させてくださるそう。

営業に同行だって!

しかし、「授業が…」と何度もほざいたため、

「留学はたくさんしたが授業にまじめに出席せず卒業が危うい4年生」

というイメージになってるかも。

ま、それぐらいがフツーなのかもしれない。

後輩の傑作な一言

「マカロンさんって、普通の学生の手本にはならないけど、学生の鏡ですよね。」

(とか言われた気がする)

留学の単位がどのくらい認定されるかにもよるけど、

(そういえば、今日の日本語のクラスゲストで留学生の発音が「単位」が「谷」に聞こえるよね、という練習をしてたなぁ…)

5年で卒業に必要な単位数×約2倍になる…

4年間、真面目すぎるほど授業に出席してるからね。鏡らしい。

そのうちイメージを覆してやるー!!

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1341-54689657

HOME