マカロンの日記~とりあえず無職編~

海外留学で日本語教育に興味を持った、日本語教師のブログ。

スーツの罠

2011-12-01-Thu-21:20
今日は面接なので、スーツ

授業を受けてから行きました。




2限は勤務。

どこかの団体の学生が、学生ラウンジの使用について聞きに来た。

「で、使用を延長したいんですが…」

「あ、それはあっち(職員さんがいるほうを指さす)ですね…」

完全に、職員に間違えられる。




午後は、翻訳の授業。

先に来ていた男子学生に、

「今日、どうしたの?」

と聞かれ、

「いや、面接で…」

と、答えたら、

「何の面接?」

そうだよね、わかんないよね。

注)彼はハワイ人。

大学生でスーツ×面接といったら、

就活

なのだが、

そうじゃないんだよね。

うん。

いきさつを説明。

この答え。

"That's cool!"

全然クールじゃない。

あえて言えば、むしろコールドだ。(天気が。)

全員集まったところで、先生も到着。

先生もぼそっと、

スーツ似合ってるね」

(↑かなりの意訳)

マカロン「あ、ありがとうございます。」

ざわざわする、男子学生…

注)全員ハワイ人

(別にハワイだからどうこうってわけじゃないのだが。)

みんな年下(多分)だし、しかも純粋。

もう、

「反応がかわいい!」

としか思えない。

(この反応、高校生…いや、中学生レベル。)

私の横で、ため息をつく、(精神年齢と実年齢が一致している)女子学生、ひとり。

そう、みんな子供っぽいんだよね。わかる。

(それが魅力でもある…はず。)

ま、無理はないよね。

いつもは適当な恰好+メイクなのに、

今日はばっちりフルメイク(アイライナー+マスカラ+ファンデ+口紅)だもんなぁ。

ちなみに、面接はつつがなく終わりました。よかった。

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1340-6c6394d9

HOME