マカロンの日記~とりあえず無職編~

海外留学で日本語教育に興味を持った、日本語教師のブログ。

ママ弁。

2011-10-19-Wed-22:03
今日は、1週間以上ぶりにバイト。

ぱたぱた働きました。

飲料のストックの多さにびっくり。

ホット飲料の販売も始まったから、種類も量も増えたのだが、

おーいお茶の箱、開けたのが2つある…

おんなじ種類なのにー。

今日は客足も少なめ。

暑くてもパンは売れないが、寒くても売れない。

客足が落ちる。

温かい紅茶とスコーンとか、メロンパンとか最高だと思うのだが。




電車に乗り大学に移動。

パソコン室で今日の卒論の資料を印刷し、大学の情報をチェック。

昨日、

「ごめん、体調悪いから休講ね」

とメールを送ってきた先生は、今日の授業もお休みのよう。

(注:メールの原文は英語です。訳すとこんな感じ。)

ものすごく心配。

(心配、ってたって、奥さんもいるから別に心配する必要もないのだが)

いつも元気な先生だから、体調が悪いってのも想像つかないし。

金曜日までには元気になるといいのだが。

卒論の集まりの前にごはん。

いつもの、先生たちのオフィスの前のラウンジで。

と、翻訳の先生(アメリカ人)が通りかかる。

マカロン「あ、こんにちは。」

先生「こんにちは。……?」

理解するのに数秒かかる。

まず、日本語か英語か判断し、

その音がどんな意味を持っていたのか考える。

考えた結果、

先生「こんにちは。それ、ママ弁?」

と言ったらしい。

お母さんが作ったお弁当かい、という意味だ。

マカロン「はいー(汗)」

先生「うらやましいなぁ…」

と、去って行きました。

ご飯を食べ、本を読んでいると、先生が帰ってきた。

「何の本読んでるの?」(英語で)

英語で返すべきか日本語で返すべきかわからない。

だってお互いどっちもわかるから(汗)

とりあえず、英語で話してみた。

ウン十年前に日本の高校に留学した先生、ウン年前(隠すほどでもないが)、オーストラリアの高校に留学した私。

いろいろ貴重な話が聞けました。

多分、日本人の学生がクラスに私しかいないから、貴重なんだろう。

「明日の翻訳、問題の9は解かないとわからないよ!」

(今回の課題:方程式の文章題を訳す)

と、英語でいい残し、オフィスに戻って行きました。

しまった!授業!

ゼミの先生のオフィスに駆け込みました…

3秒ぐらいおそかった。

今日も、

「章立ての構造がなってない!」

と、ずばり言われ、ちょっとへこむ。

次回までに何とかしてみまーす。

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1315-a5567da2

HOME