マカロンの日記~とりあえず無職編~

海外留学で日本語教育に興味を持った、日本語教師のブログ。

ピアノ引き取り!

2011-08-30-Tue-22:22
今日は、いよいよピアノ引き取り。

朝起きて、まずは部屋を片付ける。

の下にあるベッドを撤収。

マットレスを外し、ベッドの下についている引きだしを取り出してみた。

やっぱりこのままは移動できない…

分解することに、

ねじを外し、木枠を取ってみると、

ほこりの山…

小さいクッションができるくらい…

わたし、こんな上に(もちろん引出とマットレスはあれど)寝てたのね!!

ショックだった。

1年に1回ぐらいは分解して掃除したほうがいいんだな…

(多分、組み立ててから10年くらいたってる)

これは、搬出のおにいさんに見られなくてよかった(汗)


ほこりを片付け、掃除機をかけ、雑巾で拭き、完了!

ついでだから、他のところもふいてみた。

2時までには到着の予定だったのだが、

電話「すみません、前の作業が長引きまして、2時から3時の間には着くと思います。」

…そうですか(汗)

やっぱり大変な家もあるのね。

2時半ごろ、到着。

すぐに作業にとりかかる。

ピアノを、お兄さん一人で引っ張り、部屋の真ん中へ。

すごいなぁ…

だって、キャスターの下には

阪神淡路大震災後に震災対策につけたキャスターストッパー。

(お皿みたいなの)

ずりずりと引っ張り、もう一度状態の確認。

今度は別のお兄さんは布団みたいなのを持ってきて、枠に敷き、

もう一人のお兄さんがピアノにカバーをかける。

手際よし!

そして、ピアノを横に倒し、横側が上になる(=背が高くなる)

そのまま出まで持って行き、クレーンにひっかけるというワケ。

ピアノには縄がかかっていて、それにひっかける。

ここで、きのうの司令官登場。

下で、クレーンまで伸ばしてきたらしい。

3人がかりでクレーンにひっかけ、少しずつ上に動かしていく。

司令官の手にはリモコン。

これで、クレーンが動くのだ。

時代は進歩したなぁ…

すごいテクニックである。

「動かして」

「はい!よいしょ!よいしょ!」

「じゃあ、ちょっとあげるよー」

「はい!」

「じゃあ右側動かします!」

「もうキャスターのところも(出に)乗ってます!」

「まだ放さないで」

と、声を掛け合いつつ、見事出からピアノが宙づりに。

司令官はすぐ下に降りていき、下からクレーン操作。

その間に、支払。

少しだけど、何かの足しにはなりそう。

ちなみに、ピアノって10年、15年ぐらいが目安で、それ以降は古くなって

買い取り金額が下がるらしい。

だから、もう使ってない!って人は早めに売ったほうがいいです。

手続きが終了し、最後に残ったお兄さんは使った布団を持ち、

颯爽と降りようと思ったら、

布団に足をとられよろけていました(笑)

暑い日の作業だもんね。

そんなこんなで、無事ひきとってもらえました。

すっきり!

と思ったら、

やっぱりピアノが置いてあった場所に物を置く羽目に…

はやく片づけよう…

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1277-0442be1d

HOME