マカロンの日記~とりあえず無職編~

海外留学で日本語教育に興味を持った、日本語教師のブログ。

2010-09-24-Fri-23:00
今日は、えらいひとに食事に連れて行ってもらいました。

(正確には、とある先生がメインでそのおまけだったんだけど)

行ったレストランは、氷国で1、2を争う料理が有名なお店。

こじんまりしていて、おいしそうな感じ。

もともと料理には定評があったらしいが、最近は氷国人のみならず、

外国人観光客にも人気が出てきたらしい。

行くときは予約をしたほうがいいらしい。

(レストランの前に土地があるから拡張すればいいのに、拡張しないらしい。)

前菜にはクジラを…

氷国は日本と同じで捕鯨するのである。伝統。)

しかも、刺身。

そのままの刺身は怖かったので、つけてあるやつにしてもらった。

ハーブなどでマリネしてある。

そのおかげで食べられた感じ。

何度も食べたい!というものではないかなぁ…

(マリネのレシピは知りたい。マグロとかつけてもおいしそう)

そうこうしていると、スープとパンが登場。

スープは、ミネストローネ風トマトスープ。

ちょっと塩辛い。

パンは、

とっっっっってもおいしい!

いつも、1本150円くらいのパンを買ってるから(汗)

2枚くらい食べちゃいました。

メインディッシュは、を選択。

も種類がいろいろあった。

私はヒラメ?カレイ?のグリル

しょうゆ風味のソースと、わさび風味のマッシュポテト。

それ以外にも、赤の揚げたやつや、Cod(タラ系)のあごの肉など、案外種類は豊富。

料理方法はフレンチ的なのかな?

氷国の伝統料理なのは、(英語で)グラタンといって、あまりものの(あらというか、きれはし?)をクリームでまとめチーズを乗っけて焼いたもの。

好き嫌いが分かれるらしい

(私はあっさりしたものが好きだからあんまりかなぁ…)

さて、私が頼んだグリルはといえば、

なかなかのおいしさ。

ちょっと塩が濃いが、ツーンとするマッシュポテトと一緒に食べるとちょうど良い。

うまい。

大きな切り身が2枚あって、かなりおなか一杯。

なのに、

デザートを注文(笑)

私はアイスクリーム、キャラメルソース添え

キャラメルが濃厚で、たくさんかかってて、固まってる(笑)

かなり濃度が濃い。

アイスもおいしいけど、アイスの上に乗っているホイップクリームがおいしい。

ルームメイトの頼んだチョコレートケーキは、

今のところ氷国で食べたチョコレートケーキの中で一番のおいしさ。

(高いだけある)

おなか一杯たべた。

ごちそうさまでした!!


というわけで… ごはんの後は大学に戻り、イベントの準備。

なぜか同じ日に(汗)イベントがあったのです。

イベントに、日本語や日本文化を紹介するブースを一つ設け、

そのお手伝いをした。

ブースを飾りつけし、ひたすら

氷国人の名前をひらがなで書く。

(なぜひらがなかという問いは却下。)

しかも書道

もう、人がすごい。

5時間ぐらいやっていたのだが、(私はほかのブースを見たくて途中抜けたが)

2人で400枚ぐらい書いた。

現地学生がヘルプとして、来場者とのコミュニケーションと

名前をはっきり発音する

という大切な任務についてくれたため、

何とか書くことができた。

聞いたことない名前ばっかりだからひらがなに直すのも一苦労。

日本のブースにはずーっと黒山の人だかりで、

ああ、日本ってすごいんだなー

と、驚き。

これから、日本と氷国の関係が近くなっていくのではないかと

思わされたのでした。

にしても、

子供たちはシャイでかわいいなぁ…

名前を聞かなければならないのだが、名前が言えなかったり(お母さんが言ったり)

「はいどうぞ」

とにこにこしながら手渡しても

「………」

と、何も言わずもらって帰る子供

(私が満面の笑みで日本語をつかって渡したのが原因だと思うのだが…)

でも、なんだかかわいいのです!!

ああ、純粋。




氷国語で、

「日本語で名前を書きます!」

というのを、教えてもらったのだが、

言えない。

覚えられない。

通じてるかわかんない。

もう、

「なんだかよくわかんないけどやーぱんすくー!!」

(やーぱんすく=にほんご)

と、叫んでいた。

叫びすぎて

みんなが

「なんだコイツ」

みたいな顔で見てた。

この国でも、お得意のバカを出してしまったらしい。

まぁ、仕方ないよね(汗)

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1021-d0db23fe

HOME