マカロンの留学日記~モンゴル編~

アメリカナイズドされたオージーガールを目指した、キャリア教育寄り日本語教師のブログ。

ケッカク

2010-08-25-Wed-22:34
今日は、ビザのため健康診断に行ってきた。

黄色いバスに乗り、ターミナル駅を目指す。

着いたら、お医者さんを探す。

言葉が読めないので結構苦労。

それらしきところを見つけ、入ってみるも、受付には1枚の紙があるだけ。

しかも読めない。

もう一周してみたが、やはりそこらしいので

勝手に奥に入ってみる。

そこが受付だったらしい。

ちゃんと受け付けてくれた(笑/前日に予約を入れておいたのです)

受付を済ませ、待っていると、

ちょっとイケメン(みんなイケメンに見えてくる(笑))のお医者さん(男性)に呼ばれる。

診察と言っても、ビザのための質問と、肺の音を聞くだけらしい。




お医者さん「きみは日本から来たんだね」

マカロン 「はいそうです。」

お医者さん「オハヨウゴザイマァス」

マカロン「… おはようございまーす。  すごいですね」

お医者さん「これが唯一知ってる日本語なんだよ」




という、ちょっとおちゃめなお医者さん。

質問の答えを紙に書いているときも

「ふんふんふーん♪」

と鼻歌を歌いながら書いている。

全く深刻ではない。

こんなお医者さんだったら、

「ま、ガンだけど大丈夫だと思うよ」

的なことを言われるだろうか…

いいのか悪いのか

ビザのための質問とは、伝染病や現在の健康状態についての質問で、

単語が分からなかった私のためにGoogle翻訳でしらべてくれて、

お医者さん「ケッカク …???」

と訳してくれた。

とってもやさしい。

無事、健康なことが証明され、証明書を入国管理に送ってもらえることになった。

よかった☆



COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://macalon.blog9.fc2.com/tb.php/1002-f6ec4d6b

HOME