マカロンの留学日記~モンゴル編~

アメリカナイズドされたオージーガールを目指した、キャリア教育寄り日本語教師のブログ。

用語辞典SP!AFLって何?

2005-09-24-Sat-13:01
私がAFL、AFL言ってる割に説明してなかったなぁ、ってな訳で、SPでお送りします。
(どこがSPは知りません。じゃなくて、分かりません。)

●AFL(エーエフエル)
オーストラリアにあるフットボールリーグ。フットボールはクリケットと並ぶオーストラリアの人気スポーツで、AFLは日本の野球で言うプロ野球、サッカーでいうJ1、アメリカのメジャーリーグ、といったところ。ただし、人気は日本のプロ野球をしのぐ勢いのようだが、多分ファン人口はプロ野球より少ない(多分ね。なんたってオーストラリア人口少ないからさ、ファンも少ないんだよ)。

2月ごろから週に一回(週末)に試合が行われ、最後(9月)には上位でリーグ戦が組まれる。全部で18チーム(だったと思う)あり、人気のあるチームの試合はテレビで放映される。(これは各州によって違うと思う。だってパースでメルボルンのチームの試合中継したって誰も見ないだろうから)

人気のあるチームの試合は大きな会場で行われるが、そんなに人気がないチームだと、何かそこら辺の小さい会場(観客席がすべて芝、みたいな)だったりする。

フットボールと聞いて、アメリカンフットボールを思い出す方もいるだろう。ヘルメットみたいなのかぶって、妙に肩幅が広いあれ。オーストラリアでは、アメリカのルール(もやってないことはないけど)ではなく、オーストラリアのルールで行われている。学校の校庭にも、そこらへんの公園(ってスケールが違うけど)にはこのオーストラリアルールでのゴールであるポール4本(×2)が必ずといっていいほどさしてある。

私も詳しくは分かっていないのだが、(じゃあ書くな、って話)私が思うには、アメリカンより分かりやすそうである。

AFL_1

グラウンド。結構広い。
選手は、各チーム全部で18人
(6人×3)

AFL_2

●ポールは、真ん中が6点、端っこが1点。審判のアクションにも注目。

●ボールは投げてはいけない手で打つか、蹴る。

●ボールの取り合いになったら、審判がボールを地面に打ちつけてスタート。
ドッヂボールでいうセンタージャンプ。バスケでもあるか。あーいう感じ。

●ボールがグラウンド内から出たら審判が投げる。後ろ向きで投げる。

●自分のチームがが蹴ったボールをダイレクトでキャッチしたら、相手チームはそのボールを奪うことは出来ない。もちろん取った選手が蹴るまでですが。

●『50のライン』の中ににいる選手がダイレクトで蹴った味方のボールをキャッチしたら、↑のルールから、ゴールに蹴ることが出来る。
これくらい分かっていれば、まぁ楽しめるんじゃないかな、と。

で、ボールの取り合いをするのに、ヘルメットも何もつけてないから、途中で白いユニフォームが血で赤くなっている選手もいたりする。頭に包帯巻いてたりとかね。
逆に、それだけ迫力があるからこそ、みんなが見にいくのではないだろうか?

オーストラリアに行ったらぜひ観戦に行ってみてください。

用語辞典(学校編)

2005-09-12-Mon-17:50
学校のネットワーク…学校の中だけで使えるワイヤレスネットワークのこと。これを使うと簡単に書類がプリントできたり学校のアドレス帳が入っていたりするが、よくつながらなくなる。私が普段使っているYahoo!に行けない(けっこうブロックされている)のも難点。私は日本から持ってきたのパソコンを使っているのだが、学校を通して買ったパソコンよりトラブルが少ない。何で?

プリント…学校の図書館、Artの教室の一部にあるプリンターは、学校のワイヤレスネットワークに接続していれば、USBなどを接続しなくても印刷ができる。最初に発見したときは本当に驚いた。

ドライブ…ここの学校にはHドライブとKドライブがある。Hドライブは個人、Kドライブは学校の。もしパソコンが壊れても、HドライブにWordの文章などを入れておけば、他のワイヤレスネットワークにつながっているパソコンから開ける、という仕組み。Kドライブには授業で使う資料等が入っている。

日本語…オーストラリア人は(全員とはいえないが)親日家なので、「こんにちは」ぐらいは知っている。日本語を外国語として学べる学校も多い。(現にうちの学校なんかそう)

用語辞典。

2005-08-08-Mon-17:21
スクールバス…古い。(多分)外国のスクールバス!!ってカンジのバス。

オーストラリアの学校…一月始まりの12月終わり。4学期制。一年生(小1)から12年生(高3)まである。

エッセイ…何か自分の意見や自分のことを「書く」課題のこと。英作文。ESLでよく出る。

ESL…English is Second LanguageかEnglish as a Second Languageの略。英語が第二言語の人のためのEnglish。難しい。

数学…どちらかといったら答えよりも答えを出す行程に重点を置いている。(もちろん最後は答えがあってないとダメ)高い電卓(しかもでっかい)を使うのが理解できない。ルートの計算やsinとかは簡単に出るけど。

ピザ…日本にあるピザ宅配チェーンではPizza Hut、ドミノピザがオーストラリアにある。他にもピザ屋が多数ある。だいたい土地や道路の名前がついている。

オーラル…スピーチ。だいたいテーマに沿って2-3分喋る。

ワイヤレスネットワーク…空中に飛んでいる?インターネットの電波を使ってネットが出来る日本でもおなじみのあれ。日本ではAir-H’とか有名(だと思う)。最近のノートパソコンはだいたいワイヤレス対応。

アボリジニー…オーストラリアの原住民。奴隷にされたり、親から引き剥がされたり、悲しい歴史が多い。日本では「裸足の1500マイル」という映画がアボリジニーの「盗まれた子供」に関する映画。(実話)是非見るべし。

用語辞典(Sport編)

2005-07-01-Fri-17:38
AFL…フットボール。オーストラリアではリーグ戦が組まれていて、私の学校ではみんなが勝ち負を想している。アメリカンフットボールとはルールが多少違うらしい。知りたい人は調べてね♪

クリケット…オーストラリアでサッカー、AFLと並ぶ人気を誇るスポーツ。ルールはどちらかと言ったら野球だか、野球とは全然ルールが違って難しい(難しそう。)だいたいどこのうちにもクリケットのバッド(というのか、あれ)がある。ボールも専用のボールがあるようだが、家庭でやるときはテニスボールで代用している。

ネットボール…オーストラリアで小学校や中学校の女の子がやるポピュラーなスポーツ。体育でも選べる場合がある。ルールはバスケに似ているが、もっと厳しい感じがする。

用語辞典(食べ物編)

2005-06-30-Thu-09:44
ローストのとり…スーパーに丸まる一匹(約900円)と半分(約450円)で売っている。専門のお店もある。これにフライドポテトやサラダを付け合せにしたのが夕飯、ってことも。余ったものをサンドイッチにしてもおいしい。

バーベキュー…こっちではソーセージが主流。何故かどこで食べても丸焦げで真っ黒の場合が多い。鶏スティック(バーベキュー風焼き鳥)やラム肉、ハンバーグがある場合も。だいたいパンにはさんで食べる。

ベジマイト…オーストラリアで有名なパンに塗るもの。茶色で塩辛く、日本の味噌に似ている。薄く塗るのが特徴。私、味噌は好きだが、これは嫌い。

チップス…フライドポテト。オーストラリアではだいたいこう呼ぶ。やっぱり量は多い。

フィッシュ&チップス…文字どおり魚とフライドポテト。魚は白身で、ベークドかバター(衣を付けて揚げたやつ)の二種類。チップスは安くて量が多い。あとポテトケーキがあったりする。どれも脂っこい。

ポテトケーキ…フィッシュ&チップスのお店で売っているもの。厚み1センチ、直径12~13㎝。中かマッシュポテトで、それに衣を着けて揚げてある(感じ)。


用語辞典

2005-05-13-Fri-15:07
朝のHR…文字通り朝のHR。この学校にはクラスがない(大学みたいに生徒が教室を移動する)から、朝だけみんなが集まるクラスがある。縦割りで、一つのクラスに7-12年生が混在している。

朝のHRの先生…ドラさん(勝手に命名)

朝のHRの部屋…なぜかうちのクラスは木工室みたいに二つの教室がつながってて、広い!!

連合…日本でよくある体育祭とかの連合がでっかくなったやつ。卒業するまで連合(朝のHRのクラスも)変わらない。C(緑)G(青)M(赤)T(黄色)の連合がある。私はT(黄色)

用語辞典

2005-05-04-Wed-18:38
英検…マークシート式。だから、カンでも大丈夫(それだけじゃ無理かも)。

合格点…今回(2004年第一回)は45点。

飛行機がちっちゃい…カンタス航空利用。
HOME